果物や野菜の効果(びわ、パイナップル、アスパラガス)

薬に依存させない薬剤師、そして
健康を食事でサポートする健康指導師の山田です。

 

 

 

春になると木々は新しい芽を出し、

 

 

 

今年1年を力強く生き抜こうとしています。

 

 

 

そのようなタイミングに

 

 

 

身を結んでくれる果物や野菜があります。

 

 

 

先ずは、ビワです。

 

 

ビワには、β‐カタロテンと、β‐クリプトキサンチンが

 

 

 

含まれています。

 

 

 

これらは体内においてビタミンAに変換されます。

 

 

 

粘膜を正常に保つのに必要な栄養素で、

 

 

 

髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、

 

 

 

そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きが

 

 

 

あります。

 

 

 

ポリフェノールも含んでいるので、

 

 

 

抗酸化力があり、活性酸素を抑え、

 

 

 

がん予防にも効果があるとされています。

 

 

パイナップルに含まれる栄養素としては、

 

 

 

ビタミンB1があります。

 

 

 

ビタミンB1は糖質を分解する酵素を助け、

 

 

 

エネルギーに変える手助けをします。

 

 

 

逆にビタミンB1が不足してくると

 

 

 

糖質のエネルギー代謝が悪くなり、

 

 

 

疲れやすくなったり、集中力の低下や、

 

 

 

イライラの原因にもなったりします。

 

 

 

食物繊維も豊富に含んでいて、

 

 

 

便通を良くし、腸をきれいにする点から

 

 

 

ダイエットや美肌効果も期待されています。

 

 

 

パイナップルにはブロメラインという

 

 

 

タンパク質分解酵素が含まれています。

 

 

 

食後に食べるとたんぱく質の消化を

 

 

 

助けてくれます。

 

 

 

その他、腸内の腐敗物を分解する作用もあり、

 

 

 

消火器系障害にも効果が期待できます。

 

 

 

鉄、マグネシウムといった

 

 

 

ミネラルも含んでいます。

 

 

 

鉄は赤血球に必要な栄養素になります。

 

 

 

マグネシウムは心臓の働きを

 

 

 

正常に保つために必要なミネラルになります。

 

 

アスパラガスにはビタミン類やカリウムが含まれ、

 

 

 

特徴としては、

 

 

 

茹でてもこれらの栄養成分が

 

 

 

ほとんど流出しないことです。

 

 

 

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、

 

 

 

新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強に

 

 

 

効果があります。

 

 

 

また、利尿作用により、腎臓や肝臓の機能回復にも

 

 

 

手助けとなるかもしれません。

 

 

 

穂先部分に含まれるフラボノイド色素ルチンがあり、

 

 

 

血管を丈夫にし、高血圧や動脈硬化の予防に

 

 

 

役立つとされています。

 

 

 

これらの栄養素を

 

 

 

毎日過不足なく摂っていくことが

 

 

 

健康長寿人生に役立つでしょう。

 

 

 

投稿者プロフィール

山田 泰聖
山田 泰聖代表社員