あふれかえったゴミ箱

薬に依存させない薬剤師、そして
健康を食事でサポートする健康指導師の
山田です。

 

 

 

日本人の
現代の食事は
炭水化物が60%を占め
タンパク質もガッツリと
入っているが
お野菜の量は
ほとんどない。

 

 

 

私たち人間の体は
脂ぎったハイカロリーや
血糖値をガンガン上げるような
糖質過多な食事
そう簡単には
処理できないのです。

 

 

このような
栄養過多になった食事を
分解処理するためには、

 

 

 

とてもたくさんの
酵素が必要になりますが、
絶対的に足りていない
状況です。

 

 

 

それがたぶん、
一番の問題でしょう、と
私は考えます。

 

 

 

分解が追い付かない
ところに
ドッカンドッカンと

 

 

脂肪たっぷりの油や
バターや
ベーコンや
ステーキや
焼肉、

 

 

あげくに
ポテトチップスや
フライドポテト
なんかが、

 

 

毎日
手を替え品を替え
休みなく放り込まれてきたら
どうなると思いますか?

 

 

 

ゴミがあふれたゴミ箱

 

 

見たことあるでしょう!!

 

 

 

アレです!

 

 

 

あの状態!

 

 

 

もう身体の中は
キャパシティは
とっくに超えて飽和して、
ごみが散乱するように
消化しきれない食べ物で
あふれかえっちゃいます。

 

 

 

でも、
そんなの見えないし~
アレルギーにも
なってないし~

 

 

 

そう思ったあなた。

 

 

 

見えないからいいや
って話じゃないんです。

 

 

 

その
消化できずに
余っちゃってる
食べ物って、

 

 

 

身体の中で
どんどん『腐って』
いくんです。

 

 

 

これはまだ
病気になっていない人も
同じで、

 

 

 

たとえ今
自覚症状がなくたって
『病気予備軍』
なんだってことですよ。

 

 

ゴミ箱が
溢れかえっちゃうのは、
自分のキャパ以上に
負担の大きい
食事を摂り続けてたら
誰でも
同じなのです。

 

 

 

『食べた物』だって
いつまでも
そのままの姿じゃ
ないってこと、

 

 

 

『諸行無常』
世の中なんです。

 

 

 

その
体内で腐った
食べ物が

 

 

 

身体の酸化
(=老化)
を促進したり、

 

 

 

その
排泄を妨げ
ちゃったりして

 

 

 

ある日
『病気』
というかたちになって
表面化して
くるのです。

 

 

大切なことは
身体の中に
老廃物を貯めない
そんな環境を
整えることなのです。

投稿者プロフィール

山田 泰聖
山田 泰聖代表社員