風邪?をひいた時の対策、どうします?

薬に依存させない薬剤師、そして
健康を食事でサポートする健康指導師の山田です。

 

先ずは冒頭、タイトルの『風邪』という文字にをつけましたが

 

 

 

『風邪』というのは、実は病名ではなく、

 

 

 

正式には『風邪症候群』といいます。

 

 

 

そもそも風邪症候群は、

 

 

 

ウイルスが呼吸器系(鼻、喉、気管)に感染して

 

 

 

炎症を起こす症状のことです。

 

 

 

このウイルスを退治することが一番の目的なのです。

 

 

 

このウイルスを退治する対策として

 

 

 

私たちの身体は、どのような反応をしているのでしょうか?

 

 

 

ウイルスは熱に弱いので、体温を上げて対策します。

 

 

 

ヘタに熱を下げてしまうと、

 

 

 

ウイルスは益々活発に動き始めてしまいます。

 

 

 

ウイルスの侵入経路は喉や鼻です。

 

 

 

喉で対策するときには、

 

 

 

第一段階として『咳』で外に追い出します。

 

 

 

それでもダメなら痰にからめて吐き出します。

 

 

 

咳を抑えてしまったり、痰を抑えてしまい、

 

 

 

ウイルスをゴックンしてしまったら、

 

 

 

ヤバいですね。

 

 

 

鼻に於いては、痰と同様、

 

 

 

鼻水で捉えて外の出します。

 

 

 

確かに、見た目に於いては

 

 

 

熱が出たり、咳が出たり、鼻水や痰が出ていると

 

 

 

つらそうなのですが、

 

 

 

身体が必死に戦っている状況だったわけですね。

 

 

 

これを邪魔しないようにすることが大切ですね。

 

 

 

この状況を更に応援しようと考えるのであれば、

 

 

 

私たちはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

 

 

 

それは身体の免疫力を高める環境と栄養を整えることです。

 

 

免疫力とは体内に侵入したウイルスなどを常に監視し、

 

 

 

撃退する自己防衛システムのことをいいます。

 

 

 

体の自然治癒力を高めることに繋がります。

 

 

 

これらの免疫システムを正常に働かすためには、

 

 

 

一つ一つの細胞が正常に機能すればよくなるわけです。

 

 

 

特に欠けてしまうと機能しなくなる栄養素がビタミンミネラルになります。

 

 

 

ビタミンやミネラルは自然の食べ物からしか摂ることはできません。

 

 

 

加熱してしまうと全て破壊されてしまいます。

 

 

 

あとは、身体をゆっくりと休ませることです。

 

 

 

身体の修復などは寝ている間に行われます。

 

 

 

『風邪をひいたら薬を飲む』という習慣が広まる前は、

 

 

 

『風邪をひいたら布団に入って果物を食べる』という習慣でした。

 

 

 

まさしくこの習慣こそが、人間の自然治癒力を高める方法ではないかと考えます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

私たちの身体は自然のものです。

 

 

 

自然の摂理に合わせて対処すれば、

 

 

 

どのような状況も自然に対処できるのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

山田 泰聖
山田 泰聖代表社員